トップページ > 高い技術力

メーカーが認める知識と技術力

レノヴァの技術顧問は、ガイナの施工経験の豊富な一級建築士です(ガイナの前身であるシスタコートを東京都で最初に使いました)。ガイナの技術的な説明に関しては、メーカーである日進産業の絶対的な信頼を得ているうえ、施工方法に関しても極めて具体的に説明することができます。

建築の構造を熟知したうえでの、どこに塗ったらもっとも効果が高いか、どのように塗るのがコストパフォーマンスとして最も優れているか、そうした一級建築士ならではのアドバイスはここでしか得られません。

こんな使い方がある、あんな風にも使えるとガイナのさまざまな可能性について、ご提案いたします。


ガイナ 躍進のepisode1
ガイナ 施工例

開発後10年間売れなかったガイナ(当時の名前はシスタコート)の躍進のきっかけとなったのが、こちら →

こちらは東京の代官山にあるブティックで、このブティックの屋根にガイナ(当時の名前はシスタコート)が使用されています。

その後、ガイナは徐々に売れ始め、2012年には3年連続で遮熱塗料シェア1位を獲得。2012年6月には全国ネットのテレビ局で30分の情報番組(TBS《夢の扉+》になるまで成長しました。

ガイナ 夢の扉

弊社の技術顧問である一級建築士 宮谷は、同番組でも、ガイナを最も理解している建築士としてインタビューに答えています。


ページトップへ戻る
ガイナに詳しいのは当然

しかも一級建築士だからこそ、こんな質問にもお答えできます。

● 南西の角のLD(マンション6階)最上階。コーナー窓のサッシ・バルコニーへ出る2カ所のテラスドア・キッチンのテラスドアに結露がひどいが、どんな解決策があるか。

● 冬場、暖房をつけても熱が逃げてしまってキッチンの方まで暖かくならない。どうしたらいいか。

● 1階居室の寒さに困っているお客様がいる。原因は居室下がRC造りの半地下駐車場になっており、そこからの冷気の吹上が原因と思われますが、何か対策はありますか。

● 工場の機械にガイナを塗布する場合の施工法を教えてください。

● 北海道でRC建築物に外断熱をしているのですが、スラブ面と壁面の断熱材が張れない場所でヒートブリッジを起こして床面が結露しています。
@そこにガイナを床に塗布すると効果は期待できるものでしょうか。
A効果が期待できるとして 塗り厚さはどれくらいになるのか。
Bコンクリート面→ガイナ→長尺塩ビシートの順に床材とコンクリートの間に塗料を入れても可能でしょうか。

● トイレの排水音に効果があるでしょうか。つまり排水管に直接塗って効果があるでしょうか。

● 湿気が地面から来ているようですが、重量物を扱う為、コンクリートの上に鉄板を敷いています。コンクリートに塗って鉄板を敷いても問題なく、効果もありますか?

● 床はコンクリートで、壁は木がむき出し、天井は鉄筋むき出しの部屋があります。(2Fがあるので、天井は2F部分の床です。)どぶ川や側溝が傍にあり、雨の多い時期、湿気が凄くあります。どこを塗ると効果的ですか?

● 屋内プールの内装で既存の消音材を撤去しガイナで反響音を抑えたり、結露を抑えることは可能ですか。

● 折半屋根の内側の結露について。2重敷きして、断熱して結露しないようにすることと、ガイナを天井外側に塗っても同じように結露防止になりますか。

● ガイナを屋上面全面に塗布した場合、20〜30mm厚の断熱シートを貼り付ける場合と比べてどのくらいの差異があるのでしょうか?

ガイナが効果を発揮できるかどうかを含め、すべて真剣に誠実にお答えいたします。

ページトップへ戻る
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.