トップページ断熱材の選び方

ガイナは一般的断熱材の欠点をことごとくカバーします

遮熱塗料の役割

日本で使われている一般的な断熱材は、主に冬の寒さ対策に適した性質を持っています。つまり中の熱を逃がさない保温に向いている。一方夏の暑さを遮断するには、最適な性質だとはいえません。そこで、外壁や屋根など建物のいちばん外側で、暑さ(=赤外線)を遮断することが、夏暑くない家を作るのにもっとも効果的で、それが遮熱塗料の役割です。

あなたの家が新築なら

最近では、自宅を新築するにあたってほとんどの方が断熱を意識なさるでしょう。しかし調べれば調べるほど、では「どの断熱材がいいのか」訳がわからなくなったり、工務店が薦める断熱材やその厚みに不信感をもったり。どの断熱材を選び、厚みをどれほどにするのかは、立地や予算、求める性能によって変わってきますが、いずれの場合も共通して大前提となるのが、"きちんとした施工"です。これなくしては性能が発揮されないばかりか、住宅の寿命を縮めることにもなります。

■ レノヴァが薦める新築での断熱材の選び方

レノヴァでは一般的な木造住宅の場合、充填断熱(いわゆる内断熱)にして、外壁や屋根に【ガイナ】を塗る方法がコストと性能の面でもっとも満足を得やすく、失敗が少ないと考えています。

■ 理由

1)外張り断熱(いわゆる外断熱)よりも充填断熱の方が施工が簡単でコストが低い。
2)充填断熱の欠点は大きくわけて2つ。この2つともガイナを塗ることで解消することができる。

    

欠点1:施工にあたって、大工さんの技量次第ではすき間ができるリスクがある

ガイナを外壁と屋根に塗れば、ガイナの塗膜が建物をくまなくすっぽりと覆うので万が一、すき間があってもカバーできる。“きちんとしていない施工”の不備をガイナがカバーする。


    

欠点2:柱など構造体の部分には断熱材が入らず、この部分が熱橋となり断熱力を弱める

ガイナを外壁と屋根に塗れば、構造体の柱の部分も含め、ガイナの塗膜が建物をくまなくすっぽりと覆うので熱橋(内外部をつなぐ熱の通り道)がなくなる。


    

つまり、ガイナを外壁や屋根に塗ることは充填断熱の "保険"となり、夏の暑さ対策に不十分な一般的断熱材の弱点を補うこととなります。

■ 断熱材の性能とコスト

充填断熱に比較的よく使われる断熱材3種類で比較しました。

●熱伝導率(小さいほど熱を伝えにくい)
グラスウール10K     :0.05(W/m.k)
高性能グラスウール24K :0.036(W/m.k)
ポリスチレンフォーム2種 :0.034(W/m.k)

●断熱性能(厚みを考慮した断熱力。数値が大きいほど断熱力が強い)
ポリスチレンフォーム2種・50o :1.5(m2・K/W)
グラスウール10K・100o     :2.0(m2・K/W)
高性能グラスウール24K・100o :2.8(m2・K/W)

●コスト:延べ床面積100uの木造総二階建て一戸建て(外壁170u、屋根90u)を想定(目安です)
グラスウール10K・100o     :8万円
高性能グラスウール24K・100o :16万円
ポリスチレンフォーム2種・50o  :40万円。

以上より、費用対効果の点からみて『高性能グラスウール+ガイナ』の得点が高いように思います。ただこれが最高の効果を生み出す組み合わせというわけではありません。一般断熱材のランクを上げればあげるほど、とりわけ冬の断熱効果があがります。

レノヴァでは、デザインはもとより構造や熱環境、建材の適所適材、設備、さらに現場に強い一級建築士があなたのご相談に乗ります。ぜひ、 お問合せください。

あなたの家が中古なら

日本で初めて住宅の断熱性能に関する基準(旧省エネルギー基準)ができたのは1980年(昭和55年)、今から30年前のことです。その後、1992年(平成4年)の改定(新省エネルギー基準)を経て、現在は1999年(平成11年)に設定された次世代省エネルギー基準が目安となっています。これらの改定により断熱性能は、毎回約2倍ずつ引き上げられました。この基準に強制力はありませんが、建築業界に影響を与えたことは確かです。

つまり築30年以上の住宅は、断熱に対する意識が低いことが想像され、その後約20年間も手ぬるい状況が続いていた、ということです。あなたの家は築何年でしょうか。

ガイナを塗ることで以下のような断熱材の不具合をカバーすることができます。

■ 断熱材が薄い・不十分

外壁や屋根に塗ることで夏の遮熱効果アップ、内壁に塗ることで冬の断熱効果アップ。

■ 断熱材の施工不備

断熱材そのものへの意識が低いころは、当然施工も雑なことが多く、結果として効果を発揮できていません。ガイナを屋根と外壁に塗ることは施工の不備も含めてすべてすっぽりと建物を断熱材が覆いなおすことになり、こうした断熱材の施工不備やすき間をカバーします。また壁を壊したりする必要がないので、生活を続けながら工事ができるうえ、コストも相当低く抑えることができます。

レノヴァでは、デザインはもとより構造や熱環境、建材の適所適材、設備、さらに現場に強い一級建築士があなたの ご相談に乗ります。ぜひ、 お問合せください。


ページトップへ
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.