トップページガイナ塗膜物性試験

ガイナ塗膜物性試験結果

試験項目
試験結果
試験方法
ホルムアルデヒド放散量
材料規制
F☆☆☆☆ 社団法人日本塗料工業会
熱伝導率 <kcal/s.m.c> 0.03 温度傾斜法による (ISO表示 0.035W/m.k)
透湿性 <g/u・24h> 59 JIS K 5400(1990).8.16による
引張り強さ <kgf/cu> 3.1 JIS K 7113(1995)8.1による
伸び率 <%> 13
JIS K 7113(1995)8.1による
圧縮強さ <kgf/cu> 3.1 JIS K 7208(1995)8.2による
吸水率 <%> 0.0 JIS A 6915(2000)7.14準ずる
付着強さ <kgf/cu> フレキシブル板 4.1 JIS K 5400(1990).8.7による
鋼板 8.2 JIS K 5400(1990).8.7による
ゴバン目試験 100/100 JIS K 5400 8.5.1による
エクセリン試験 4.5mm JIS K 5400 8.2による
耐酸性 膨れ、割れ、はがれを認めない JIS K5600(1999).6.1により、
3W/V%硫酸水溶液で7日間
耐アルカリ性 膨れ、割れ、はがれを認めない JIS K 5600(1999).6.1により、
3W/V%水酸化ナトリウム水溶液で7日間
複合腐食サイクル試験 一般部:
膨れ、割れ、はがれを認めない
JIS K 5621(2002).7.12
耐複合サイクル防食法で28日間
カット部サビ幅 0.0mm JIS K 5621(2002).7.12
耐複合サイクル防食法で28日間
促進耐候性 外観 
:膨れ、割れ、はがれを 認めない
JIS K 5600(1999).7.7
キセノンランプ法に順じ1,000時間
白亜化:等級 0 JIS K 5600-8-6により評価
鉄道車両用材料燃焼試験 不燃焼 アルコール燃焼時間1分37秒
日本鉄道車両機械技術協会による
耐電圧試験 試験電圧1500V 1分間:
異常なし
直流、気中、電極JIS C2110の図10
規格 JIS A6909 建築仕上げ塗材 合格品


Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.