トップページDIYで塗ろう!DIY現場リポート

長野県 松村さま:「いろいろな効果が期待できるガイナを選択」

今回、「定年を過ぎ時間に余裕が出来た」松村さまは、「壁紙の費用で断熱対策が出来るので」ご自分で塗布をお決めになりました。その際、ご自分に課したルールは3つ。
1)費用節約のため可能なものは自分でする
2)耐久性、体裁を考慮して丁寧に仕上げる
3)メーカーの要領書に従う
DIYに慣れていらっしゃるご様子でしたが、慣れているからこそ、ご自分に厳しくなさっていらっしゃるのだと思います。

完成後にいただいた感想では、「松本平は、真夏には30度から33度ぐらいになり日中は非常に暑い。日中外出し帰ってくると室内は、屋外温度を超えるときがあったが屋根を二重にし、かなり温度が下がったが、ガイナ塗付後は、それ以上に下がり、外気温が下がると室内温度も早く下がるようになった。塗装面を手で触ると、ガイナを塗った所は、どこをさわっても温度差を感じない不思議な感触です、塗り面も立体感があり、壁紙のように、つなぎ面がないので綺麗だ。

リフォーム前は、汚れが目立ち、化粧合板壁の色が暗かったがリフォーム後は、室内が非常に明るくなり清潔感が出た。又、室内が綺麗になったので、インテリアの古さが目立つところが出てきた。音の進入が前より少なくなったような気がする」とのこと。

ガイナ DIY

●ガイナ塗布の目的
内装の汚れ、夕方熱のこもり、冬の寒さ、冬のサッシ結露対策、冷暖房費の節約。

●施工箇所 建坪26坪の平屋一戸建て
外部:外壁(一部、シスタコート塗装済み)、サッシの一部 約55u
内部:台所、洗面所、トイレ、風呂、押し入れを除く壁、天井
     (1カ所の部屋は、シスタコート塗装済み ) 約110u

ガイナ DIY

●使用用具
撹拌具(ドライバードリルに電動ドリル用の攪拌板を装着。普通の電動ドリルは回転が速いので塗料が飛び散るため低速使用)、中長毛ローラー、中毛ローラー、スモールローラー、ハケ、狭いところが塗れるハケ(片面ハケ)、その他

●外壁の塗装(既設モルタル吹きつけ)
1〜2日目:高圧洗浄機で洗浄 (雨水を使用)。塗らないところは、マスキングテープで養生。塗料のかかるところはビニール等で保護する。まだ塗膜が新しいのでプライマーは使用せず。防犯用格子枠、その他取り外し可能なものは取り外す。南側サッシ枠にシーラーを塗る。
3〜4日目:北側をガイナ塗装(26u)2回塗り(1枚目の写真です)。既設の壁は、骨材入りで凸凹しているので、広いところは中長毛15pローラー、狭いところはスモールローラー、配管周りは、腰の強い薄いハケを使った。
5〜7日目:西、南側ガイナ塗装(29u)2回塗り(アルミサッシの外回り含む)。

ガイナ 断熱

●外回り終了(左の写真は、南側外壁完成写真です)
使用塗り道具:中長毛ローラー、スモールローラー、隙間片面ハケ、幅狭ハケ

感想:平面は塗りやすいが、配管部分、雨戸収納枠など隙間部分はローラーが使えないので、片面ハケ、薄いハケなど使ったが塗りにくく、手間がかかった。


ガイナ DIY

■松村さまレポート第2弾:内壁編
「内壁の汚れが気になり、また冬の寒さ対策のために」として、外壁に続き、内壁もご自分でガイナを塗布なさいました。内陸特有の気候で夏は気温がとても高くなる日があるものの、なんといっても北アルプスを間近に仰ぎ見る土地です。冬の寒さは相当なものと思います。今回お塗りになったのは、玄関ホールと廊下です。
(左写真:ガイナ塗布前の玄関ホール)


ガイナ 遮熱

●玄関・ホール(20u):既設の壁(壁紙)、天井(紙製ボード)
1日目:壁紙は、剥がれたところをボンド補修、コンセント(カバーのみ)、照明を外す。回り縁、窓枠、幅木等は掃除してニスを塗り養生テーフルを張る。
2日目:壁と天井に、しみ、あく止め、下地強化材を塗る。
3日目〜5日目:天井、壁にガイナ1回目から2回目塗装。
6日目:天井は塗りむらが出るので、そこは3回目を塗り完成、器具を取り付ける。(左写真:ガイナ塗布完成)

(レノヴァより:レノヴァでは、特にご自分で塗られる方には3回塗りをお薦めしています。というのもガイナはもったりしているので、慣れないうちはムラがでやすいからです。ガイナを薄めに希釈して3回塗していただきますと、手間はかかりますが、誰でもきれいにムラなく塗ることができます)

ガイナ DIY

●廊下(44u):壁(壁紙、化粧合板)、天井(石膏ボード)
(左写真:ガイナ塗布前の廊下)
廊下は塗布面積が広いので、壁の壁紙部分と化粧合板部分を分けて、お塗りになりました。前半は、壁紙部分とそれに伴う天井石膏ボード部分半分の塗布を実施。
1日目:回り縁、幅木、ドア木枠の汚れを取りニスを塗る
2日目:養生
3日目:壁・天井に、にじみ止め、やに止め、下地強化材を塗る
4日目:天井にガイナを2回塗る
5日目:天井のむらのあるところに3回塗る、壁1回目塗装
6日目:壁2回目塗装完成

ガイナ 評判

後半は、壁化粧合板部分と、それに伴う天井石膏ボードの残り部分に実施。(左写真:ガイナ塗布完成の廊下)
1・2日目:前半同様の作業を行う
3日目:壁に化粧合板用下地処理剤、天井に、にじみ、やに止め、下地強化材を塗る
4日目:天井にガイナ2回塗り
5・6日目:前半と同様の作業をし完成。廊下が明るくなった

(レノヴァより:松村さまはきちんと木部のニス塗り直しをなさってくださいました。もとの色より濃い目のブラウンは、真っ白なガイナの壁に美しいアクセントとなって、落ち着いた中にもモダンな雰囲気。とてもステキな色の選択ですね!)

ガイナ DIY

●参考
天井は素材が凸凹していたので凸凹仕上げ
壁は、さざ波仕上げ(左写真)
ローラーは7インチ、4インチ使用
ハケは薄型4p幅、腰の強い工作用を使用
天井下塗り材はサンデーペイント20
化粧合板下塗り材は、たぴっこ下地調整剤


ガイナ 断熱材

■松村さまレポート第3弾:室内編
今回のリフォームの最後は和室と居間の内壁塗りです。和室の壁は、「「繊維壁やモルタルの一部剥がれ落ち、又、ひびが入り浮いている所があった。繊維材を取っていたら、モルタルが浮いている所は、ぼろぼろ落ちてきた」と状態は良いとはいえず、下地処理に相当な時間をおかけになったご様子。

●東和室6畳:(壁繊維壁、天井木目調板)(写真:塗布前)
1日〜3日目:木製品は、回り縁、なげし、その他木枠部分を清掃し、回り縁、窓枠にはニス、その他にはカラーオイルを塗り、乾燥後養生をする(養生テープを貼るときは、塗料が隙間に入らないように密着を良くする事に気をつけた。繊維壁は、繊維の剥離しているところは、繊維を塗り補修し平面状に仕上げる。天井板は、雑巾で汚れを拭き取り、天井、繊維壁に下塗り材No.20を塗る。

ガイナ DIY

4日目:天井はハケとローラーで、繊維壁はハケでガイナ1回目を塗る(下塗り強化材を塗ってあっても、ローラーで塗ると、繊維が剥がれてくるので、一回目はハケで塗った、刷毛は腰の強い物が良かった)。
5日目:繊維壁は凸凹部分にペーパーを掛け、天井、繊維壁はハケとローラーでガイナ2回目を塗る。
6日目:天井は、塗りむら部分にガイナ3回目を塗り完成。


ガイナ 評判

●居間8畳:(壁化粧合板、天井石膏ボード)(写真:塗布前)
1〜3日目:壁、回り縁、その他を清掃し、回り縁、木枠、敷居にニス及びカラーオイルを塗り、乾燥後養生する。壁に化粧合板下地処理剤たぴっこ、天井に、しみ、やに、あく止め下地強化剤No.20を塗る。


ガイナ DIY

4日目:壁及び天井にガイナ1回目を塗る。
5〜6日目:天井の塗りむらを直し、壁及び天井に2回目(天井は一部3回塗り)を塗り完成、養生を取る。


ガイナ 価格

●西和室6畳:(壁砂壁、天井木目調板)(写真:塗布前)
1〜2日目:砂壁の一部補修及び天井板その他汚れ清掃。回り縁、窓枠、なげし等にニス及びカラーオイルを塗り乾燥後養生する。
3日目:砂壁に下塗り強化材ハイモルエマルジョンEV300及び天井に、しみ、かび、やに下塗り強化材No.20を塗る。


ガイナ DIY

4日目:かべおよび天井にガイナ1回目を塗る。
5〜6日目:天井塗りむら補修後、壁及び天井にガイナ2回目(天井は一部3回塗り)を塗り完成。


ページトップへ
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.