トップページDIYで塗ろう!DIY現場リポート

茨城県 0 さま:「寒さに耐えながらの車中泊をなんとかしたい!」

ガイナ DIY

今回、0さまがガイナを塗ってくださったのが、こちらのお車。大きなキャンピングカーです!


ガイナ 断熱

塗装箇所は、後部の荷室床面とサイドパネル内部、それと天井です。

(レノヴァより:なんと内装をすべて外してしまわれたんですね!! 天井もサイドパネルも床もはずして、車体の鉄板そのものがむき出しの状態。こんなことができるんですね)


ガイナ DIY

床面とサイドパネル内は金属用の下地塗装した上に、場所により1〜2度塗りをしました。左写真は金属用の防サビ系プライマーを塗ったところです。


ガイナ DIY

やはり金属面ということでローラーが滑りましたので一度目は薄めに希釈したものを軽く塗り、二度目に濃いめに塗りました。

(レノヴァより:つるつるした塗布面の場合、ローラーが滑って塗料がのらないことがあります。その場合は今回のように1回目に多めに希釈したガイナを塗りますと、うまくいきます)


ガイナ 遮熱

床面にはその上に10mm厚ほどのベニヤ板が張られるのですが、その板の裏側にも一度塗りましたので、都合3度塗りということになります。

作業場をお借りした浜松のオグショーさんで北海道の方とお話しする機会がありました。その方から、屋根にガイナを塗布した北海道の工場では、結露対策にばっちり機能していたとの情報を入手。天井にガイナを塗るつもりはなかったのですが、そこで急遽、時間がなかったものの、一度だけ塗ってみました。

2日間の作業中、場所を快く貸してくださったオグショーさんのスタッフさんも興味津々といった感じでした。いまから納車が楽しみです。

(レノヴァ注:このオグショーさん、キャンピングカーなどの内装を"特装"することをご専門にしていらっしゃいますが、DIYで"特装"するご支援もしてくださるようです)

ページトップへ
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.