トップページeDIYで塗ろう!DIY現場リポート

■ 静岡県 Hさま:キャンピングカーの屋根にガイナをDIY

ガイナ 評判
ガイナ 評判

屋根部分はもともとゴムシート防水になっていましたが、洗車で擦るたびにトップコートの塗料が薄くなっていきました。

そこで断熱効果も期待し、FRP部分の上部ふちとバンク、さらに屋根に5、6年前、業者に依頼してガイナを塗布してもらいました。しかし屋根の下地となっているゴムシート部分に塗料の浮き上がりや剥離が目立つようになったため、ゴムシートの劣化部分の張り替えをしたうえでガイナを再塗装しました。FRP部分はそのままです。


ガイナ 評判

● 下地処理
最初に浮き上がっている旧塗膜をスクレーパーで落とし、ゴムシートの補修部分を貼り換えてゴム用のシーラーを塗布します。


ガイナ DIY

● ガイナ塗布
シーラーが乾いてから、1リットルほどの少々多めの水で薄めたガイナをドリルに付けた撹拌機で5分くらいよく撹拌し、刷毛とローラーで塗りました。

当日は夏場で気温は35度くらいありました。2度塗りした時点で雲行きが怪しくなり急遽ブルーシートを被せましたが、まだガイナが乾いておらず、シートについた塗料が風にあおられてあちこち付着してしまいました。ローラーに刷毛塗りだからとタカをくくっていましたが、前もって養生しとけばと後悔しております。


ガイナ 断熱

● 完成
次の作業ができたのは4日後でした。全部で4回塗りし、規定の厚さに達しました。ちなみに、FRP部分は今回塗装していません。


ガイナ 断熱

● 温度測定
屋根上の温度と車内温度を測ってみました。屋外日かげの気温は34℃、ガイナを塗った屋根表面(日なた)は41℃、車内は33℃でした。
(レノヴァより:夏の直射日光があたる車内にもかかわらず、日かげより気温が低めとなっています)


ガイナ 断熱

ページトップへ
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.