トップページ住宅の遮熱・断熱

夏の遮熱効果 : あなたの家が「夏暑い家」なら

「高気密・高断熱」の宣伝文句が登場したのはごく最近のこと。日本の家はもともと「低気密・低断熱・自然換気の家」でよく言えば「自然をうまく取り入れた」家ですが、現実的に言えば「夏暑く、冬寒い」家です。そんな断熱力の弱い建物を、21世紀の技術【ガイナ】が変えます。

夏すごしやすい家にするために、絶対必要なのが『暑い日ざしを遮ること』。これなくして夏すごしやすい家はできません。この暑い日ざしを遮ってくれるのが、断熱材ですが、築10年以上の家の多くは、いかんせんこの断熱材が不十分、不備、不適切な場合が多いのです。さらに日本で使われている一般的な断熱材は、主に冬の寒さ対策に適した性質を持っています。つまり中の熱を逃がさない保温に向いている。夏の暑さを遮断するには、最適な性質だとはいえません。(詳細は【断熱材の選び方】

適切な断熱材を入れるために、壁を大々的に壊して本格的なリフォームもいいんですが、21世紀の現在、技術は進みました。平成11年に施行された《次世代省エネ基準》で定める断熱効果と同じ効果を、0.5ミリの塗料の膜が実現します。

住宅の築年数や素材はまったく関係ありません。屋根や外壁の塗り替え感覚で、ガイナを塗ってください。塗るだけで、外張り断熱ならぬ、見事な外"塗り"断熱の完成です。遮熱対策には建物の外側に塗ることが最も効果が上がります。

エアコン嫌いな方、エアコンに頼らず自然を取り入れた生活を大切にしたい方、ぜひ、お試しください。エアコンをガンガンかけるのが好きな方にもメリットがあります。同じ設定温度なら、間違いなく電気代が下がります!

新築でガイナを塗る

住宅 断熱

分厚い断熱材、高価な断熱材はいりません。ごくごく一般的な断熱材との併用で最大の効果を得る!

塗替えでガイナを塗る

ガイナ 塗替え

この夏の計画停電対策に、また建物の中での熱中症予防にガイナが最適です。その理由をご説明します。



冬の断熱効果 : あなたの家が「冬寒い家」なら

暖房をつけているのに効きが悪い。暖かくなるのがとても遅い。暖房費がものすごくかかる。あなたの家がこうした問題を抱えているのなら、断熱材の種類や厚みが適切ではない、あるいは断熱材の施工が適切ではなかったために、壁の中で断熱材がへたれていたり、切れているため、暖房をつけても、熱はどんどん失われていってしまっていることが考えられます。

こうした問題を解決するもっとも簡単で効果的な方法が、ガイナを内壁に塗ること。ガイナの塗膜内にできたセラミックビーズの壁が、暖房によって温められた空気を室内に閉じ込めるため、暖房の効きがぐんとよくなります。

壁紙では得られないこんな効果!

住宅 断熱

天井、内壁、床下合板、ガイナなら熱を反射する膜でお部屋を丸ごとすっぽり包むことができます。

内壁ならDIYも簡単!

ガイナ 塗替え

とにかく安く断熱力を上げたいのなら、自分で壁紙の上からガイナを塗ってしまいましょう!



ガイナを使った省エネ・エコリフォームに助成金を支給する自治体があります

近年、省エネ工事や機器の導入に対して、助成金の支給が徐々に始まっていますが、とうとう断熱・遮熱塗料の塗布工事にも助成金を支給する自治体が登場しました。残念ながらまだ東京都の一部の区だけですが、地球温暖化問題が深刻化するにつれ、今後ますます助成金の支給を開始する自治体が増えていくことが期待できます。

2010年4月現在で、断熱・遮熱塗料の塗布工事にも助成金を支給する自治体はこちら(日進産業調べ)をごらんください。

助成金の支給手続きは自治体によって異なりますので、該当する地域にお住まいの方は塗布前に自治体にご相談になるとよいかと思います。

ページトップへ
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.