トップページ住宅の遮熱・断熱塗替えでガイナを塗る

夏暑く、冬寒い家であればあるほどガイナの効果を実感できます

あなたのお住まいが築10年以上なら、あまり“断熱”を意識せずに建てられたものかもしれません。夏は床や壁はもちろん、家具、はては干してもいないフトンまで、体温より熱くなります。冬は寝床の中から吐いた息が白い・・・。経験あります?

壁や屋根を壊しての断熱補強工事は大金がかかります。でもガイナなら、塗替えと同時に断熱補強工事も終了。「ああ、そういえば、今年の夏は2階がそんなに暑くないわね」ということに。

■ 屋根への塗布で室温が6℃低下
ガイナ 遮熱

「2階は毎年夏になると、暑くて生活できませんでした。そこで塗り替え感覚で断熱できるガイナを選びました」という東京都日野市にお住まいの施主さま。

2階に作った子供部屋で測定した温度の変化が上のグラフです。ガイナ塗布前の室温はなんと40℃前後!体温よりも4℃近くも高いのでは生活できません。しかし塗布後は外気温とほぼ同温度の33℃へなんと6℃前後も室温が低下。「33℃ってまだ高いんですけど、温度計の数字以上に快適で心地よい空間に生まれ変わりました」とのこと。

その秘密は建物自体が熱をもっていないから。暑い日には、床や壁や家具までもが熱くなり、これが思いのほか不快なのです。ところがガイナで建物自体の熱を上げなければ、外から入ってくる33℃の風が心地よく感じられます!!

■ マンションのルーフバルコニー、真夏は60℃以上まで温度が上昇
ガイナ コンクリート

日当たりのよいベランダやルーフバルコニーの床は、夏は暑くて使い物にならないばかりか、コンクリートからの照り返しがまたまた暑い、さらにはその下にある部屋までもあっと暑くなります。

左の写真のマンションでは、夏になると太陽の熱でベランダの床が焼け、さわるとやけどするほど熱くなっていました。ガイナを塗ってからはハダシで出ても熱くなく、お子さまを安心してベランダで遊ばせることができるようになりました。

【写真上】ガイナを塗る前のベランダのコンクリート表面温度は63.2℃(外気温33℃)。
【写真下】ガイナ塗った後の表面温度は34.4℃(外気温34℃)。
ガイナの遮熱効果により、29℃と大幅に温度が低下しました。

ページトップへ
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.