トップページお客さまの声

ガイナの評判、本当のところはどうなの?

ガイナが選ばれる理由はさまざまですが、なかでも特徴的なのは施工業者さんがガイナに惚れ込んでお客さまにお薦めしたり、まず自分の家で試して納得してからご提案になるケースがとても多い点です。ガイナの評判、お客さまの本音をご紹介します。

レノヴァによる満足リフォームはこちら↓

DIYでガイナを塗ったお客さまの声はこちら↓


ガイナDIY
■ 兵庫県 Aさま:遮熱効果を期待して屋根にガイナ塗装
ガイナ 断熱

見ないようにしてきた屋根・外壁の塗装の劣化に不安がつのり、塗替えを兵庫県神戸市の株式会社しらかわ工芸社にご依頼になったA様。遮熱効果を期待して屋根にガイナを塗ってくださいました。

丁寧な見積、わかりやすい説明、職人さんたちの丁寧な作業と心遣い、と大満足の塗り替えとなりました。施工の様子を【現場リポート】でご紹介くださっています。ぜひお読みください!


■ 兵庫県 Iさま:ガイナの日射反射率の高さにびっくり
ガイナ 断熱

外壁の塗替えを兵庫県伊丹市のにこにこリフォーム 有限会社ナガイシにご依頼になったI様。色にこだわり2トーンで仕上げました。

どんな2色にするか、色選びに悩んだ際には、兵庫県でも飛び抜けてガイナの施工件数が多いナガイシさんの助言が役立ったとか。ナガイシさんはI様のご希望をしっかり聞き、色見本も作ってくれたそう。明るくなったと大変喜んでいらっしゃいます。

「思っていたよりも明るいなあ」、ともおっしゃっていますが、これはガイナの日射反射率が非常に高いためで、遮熱性能の高さを示しています。

もともとの外壁材はサイディングでした。結構塗料が滑りやすい材質だったので、塗料の溜まりができなように、注意深く仕上げてくれたとのことです。


■ 千葉県 唱題寺さま:冬場の結露対策に、ガイナで断熱機能の改善を期待
ガイナ 断熱

唱題寺さまにあるお部屋。冬場の結露がひどく、クロスの表面には大量のカビも発生していらっしゃるとのこと。断熱機能のアップとカビ対策に、ガイナ抗菌タイプを塗ってくださいました。

施工を手がけたのは株式会社エステーホームの安藤さま。ガイナをお客さまにお勧めする前にまずは実際に知りたいと、今回はDIY で塗ってくださいました。施工の様子を【現場リポート】でご紹介くださっています。ぜひお読みください!


■ 埼玉県 Iさま:ガイナの機能性に期待
ガイナ 評判

やわらかなオレンジ色の壁がなんとも美しいIさま邸。塗替え前(下の写真)と比べると同じ家とは思えないほど印象が異なります。

以前に塗替えをした時にうまくいかなくて、塗替えに不安を持っていらしたIさま。今回の塗替えを依頼したヤマトリフォーム株式会社より、ガイナを勧められました。ガイナのことはご存知なかったようですが、その落ち着いた色合いとなによりも遮熱性をはじめとするいくつもの機能をすっかり気に入ってくださり、ガイナでの塗替えをお決めになられました。

まず、色合いは100点満点。機能性にも期待が高まります。

ガイナ 断熱

Iさま邸を担当したヤマトリフォームさんは、月に何軒もガイナで施工してくださるガイナに非常に詳しい塗装店です。地元の信頼も厚く、今回、Iさまは現場を何軒も見学した後に、安心してお任せになったとのことです。


■ 広島県 Sさま:ミニクーパーの屋根にガイナを塗布
ガイナ 断熱

設計士のSさまは、以前手がけた施工物件の鋼板屋根にガイナを使用して以来、すっかりガイナを気に入ってくださり、今回、愛車のミニクーパーの屋根に塗ってくださいました。

塗装を担当したのは、シップペイント藤田さん。塗料に関する造詣が深く、しかも研究熱心な本物の職人さんです。地元での信頼も厚く、塗装依頼のお客さまが順番待ちなさっています。今回の塗装の様子を【現場リポート】でご紹介しています。ぜひお読みください!


■ 神奈川県 岡村さま:夏暑く、冬寒い家をガイナで改善したい
ガイナ 断熱

築11年になる鉄骨造3階建ての住宅にお住まいの岡村さま。夏の暑さ、冬の寒さにお悩みでした。2010年にインプラスの窓を施工したことで、防音と冬の寒さ対策に効果はあったものの、南面の面積の大きなお住まいのため、夏の暑さは相変わらずだったとか。

そこで、そろそろ外壁塗装と屋上防水の時期にきていたこともあって、ガイナをお選びくださいました。

今回の塗替え工事はレノヴァが施工しました。詳しくは【レノヴァで施工】でご紹介しています。ぜひお読みください!

■ 愛知県 Oさま:家中のコンクリート打ち放しの壁にガイナを塗布
ガイナ 断熱

コンクリート打ち放しの注文住宅にお住まいのOさま。モダンでおしゃれな打ち放しの壁を気に入っていらしたものの、「夏は壁がストーブのように熱く、冬は氷の壁のように冷たく」なってしまうため、ガイナの塗布をお決めになりました。

2011年6月24日。埼玉県熊谷市で39.8℃を記録し、20年ぶりに6月の最高気温更新を記録したこの日、Oさまのお住まいの地域では、外気温35℃ほどだったとか。「窓を閉め、家中の扉を開け、2階LDKのエアコン1台を28度に設定したところ、2階の室温は27度、1階は27.5度ほどでした。昨年の夏は同じ条件で23度設定じゃないと過ごせませんでした。本格的な夏がどうなるのかわかりませんが、今のところ効果ありです」とのことです。

当初はDIYで塗ろうと思っていらしたものの、「きれいに仕上げたい」という思いから、プロにご依頼になった塗布工程のご様子を【現場リポート】でご紹介しています。ぜひお読みください!

■ 山形市 Fさま:データにくっきり。2階室温がおよそ3度低下
ガイナ 断熱

山形市は、2007年夏に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市が40.9℃を記録し、観測史上最高気温を塗り替えるまで、国内最高気温40.8℃の記録をもっていたほど、実は夏暑い場所です。

そんな山形市にお住まいのFさまがご自宅の塗替えに屋根と外壁全面にガイナを塗ってくださいました。今回の施工にあたり、Fさまは1階に3カ所、階段上部、2階に3カ所、外部の計8カ所に温度記録計を設置。塗替え前後から1年間の予定で、温度の変化を記録してくださっています。

塗布前後の温度変化はこちらをご覧ください。塗布前の2010年8月30日と屋根へのガイナ塗布後の9月6日の記録です。どちらも最高気温が34℃を超える日ですが、塗布前後を比べると、
@塗布後は前に比べ、各部屋間の室温の差が少なくなった、
A建物がもっとも熱をもつ午後3時の時点で、外気温よりも温度が高かった2階南面室の室温が3度近く下がり、外気温より低くなった、
B塗布後は前に比べ、各部屋ともその部屋での日中の温度変化が少なくなった、
などの顕著な変化が見られました。

今回、施工を担当したのは地元のゆうき装業さん。細かなところまで目配りし、絶対に手を抜かない姿勢に常に複数の現場を抱える人気の塗装店さんです。技ありの施工を【現場リポート】でご紹介しています。ぜひお読みください!

■ 福島県 Sさま:勾配のある低い天井の部屋が暑さ軽減!
ガイナ 断熱

Sさまがお住まいの地域は、福島県の中でも夏は蒸し暑く、冬は冷たい風が吹き、雪も降る寒いところです。今回、ガイナを施工なさったのは、高校生のお嬢様がお使いになっている2階のお部屋。天井に勾配部分のある和風のお部屋です。(写真上:施工前)

まず、お嬢様がお選びになった薄いモーブ色のガイナを、木目調の天井とベージュの壁の全面に塗布。また断熱力をさらに高めるため、真っ白な窓枠の内窓をとりつけ二重サッシになさいました。(写真下:施工後)

ガイナ 評判

結果は・・・
ガイナのしっとりとした質感のモーブ色と白い窓枠により、和風のお部屋がすっかりヨーロピアンテイストに変身。遊びにいらっしゃるお嬢様のご友人たちからも「すてきー」と大好評だとかで、とてもご満足くださっています。

天井も壁も全面に塗ってくださったので、夏の暑さ対策にも冬の寒さ対策にも効果は相当高まったはずです。実際、お部屋には天井に勾配があるため、低くなっている部分ではとりわけ日射で焼けた屋根の暑さを感じていらしたそうですが、塗布後の2010年の夏、記録的な暑さとなったにもかかわらず、前年までのような暑さを感じられない、とのこと。その効果も喜んでくださいました。

施工を担当したのは、地元での信頼の厚い有限会社 森設備さん(TEL:024-567-5154)。今回もそれはそれは丁寧に仕上げてくださり、お客さまからとても感謝されています。

■ 東京都 Kさま:ひどい結露の北向きのお部屋にノン結露
ガイナ 結露

壁紙の表面にカビが浮き、天井からしたたるほどの結露に、「あまりにも健康に悪い」とリフォームをご計画になったKさま。数社からアイディアを募った中から、ジャストプラン社(03-3756-4753)から提案されたノン結露を使った結露対策をご採用になりました。

「塗材を使った結露対策はジャストプランさん1社しかありませんでした。ネットで調べたところ、効果がありそうだなと。ノン結露には期待しているんですよ。今年の冬が楽しみです」と奥さま。

結露対策のノン結露塗布の様子を、【現場リポート】にてご紹介しています。ぜひお読みください。

■ 東京都 Mさま: コンクリート打ち放しのマンションにガイナを塗布!
ガイナ 断熱

とてもおしゃれな新築の賃貸マンションのオーナーでいらっしゃるMさま。ご入居者をお迎えになるにあたって、冬の寒さや結露を考え、コンクリート打ち放しの壁と金属製の天井にガイナをお塗りになりました。壁はDIYでお塗りになったものの、高い天井は職人にお任せに。コンクリート壁特有のひえびえ感や結露の不安がなくなり、入居者さまにも安心してもらえるとお喜びです。

今回の塗替え工事はレノヴァが施工しました。詳しくは【レノヴァで施工】をぜひお読みください。

■ 東京都 Sさま: 区の補助金で省エネリフォーム!
ガイナ 評判

Sさまは2010年3月、お住まいの区の省エネ助成金を使って、ご自宅の屋根の塗替えをなさいました。国の省エネ助成では、塗料による省エネリフォームに補助金はでませんが、国よりよほど進んでいる東京都の一部の区(助成金のでる区はこちら)では、遮熱・断熱塗料を使ったリフォームに補助金が支給されます。

今回の塗替え工事はレノヴァが施工しました。詳しくは【レノヴァで施工】をぜひお読みください。

■ 東京都 Kさま:「コンクリートの壁から冷気がシンシンと・・・」
ガイナ 断熱

コンクリート打ち放しのとてもオシャレな一戸建てにお住まいのKさま。誰もがうらやむようなスタイリッシュなおうちなのですが、なにしろ寒い! 工事開始日は前日に春一番の吹いた暖かい日だったにも関わらず、玄関に出ていらしたKさまは、「あら、今日は暖かかったんだ!」。それもそのはず、家の中はひえびえとし、体温がコンクリートの壁に吸い取られていくようです。

コンクリート壁の冷たさを解消するリフォームの様子を、【現場リポート】をぜひお読みください。

■ 東京都 谷口さま:リフォーム業者として、まず自宅でガイナの効果を確認
ガイナ 評判

谷口さまはリフォーム業に従事していらっしゃり、今回、ガイナの効果をご自分で確認するため、2009年10月まずご自宅の屋根に塗ってごらんになりました。塗装を担当したのは、谷口さんが信頼していらっしゃる笹沼塗装さん(TEL:042-473-9341)。笹沼塗装さんご自身はガイナの塗装は初めてだったものの、そこはプロのこと、ガイナのもったりした感覚にもたちまち慣れ、美しい仕上がりになったとのこと。寒い季節に入ってしまったので、効果の実感は来年、またお聞かせくださいます。

■ 北海道 春にれの里むか川さま:床の断熱をガイナにすることで天井高を確保
ガイナ 遮熱

こちらは、2009年9月に竣工した北海道北見市にある高齢者専用賃貸住宅「春にれの里むか川」。施工を手がけたのは地元からの信頼厚い北成建設さん(TEL:0157-23-7401)です。北成建設さんは地元でのイベントのために社員総出で会場のゴミ拾いを行うなど、地元への貢献にとても熱心に取り組んでいらっしゃいます。

性能テストの末、ガイナを採用なさった施工の様子を【現場リポート】でご紹介します。ぜひお読みください。

■ 熊本県 フジモト創社さまご自宅:リフォーム会社社長が自宅用に選んだガイナ
ガイナ 断熱材

こちらは、熊本県熊本市で塗装を中心としたリフォーム会社フジモト創社を経営なさる藤本社長のご自宅。熊本の暑い夏をなんとかすごしやすくできないかと、藤本社長は2008年から遮熱塗料の研究に取り組んでいらっしゃいました。そんな藤本社長が最終的にお選びになったのがガイナでした。

ガイナをお選びになるまでのご様子を【現場リポート】でご紹介します。ぜひお読みください。

■ 愛知県 Sクリニックさま:ガイナで光熱費削減を期待
ガイナ 補助金

Sクリニックさまは一軒家タイプの医院の外装修繕を2009年7月に行われました。修繕にあたって、すでに1度依頼をし、その丁寧な仕事ぶりを評価していたサワケンホームさんにご相談なさったところ、ガイナの性能に惚れ込んでいた担当者がガイナを薦めてくださったとか。サワケンホームさんは、ダブル断熱システムという内断熱と外断熱の両方を施工する方法をメインの施工法として地域での評価を確立なさっていらっしゃいます。一方で外装修繕などのリフォームでは、お客さまにとって本当に必要なものを幅広い知識・経験の中からご提案。

今回は、夏場はエアコンがフル回転していらっしゃるであろうSクリニックさまに対して、ガイナによる光熱費の節約をご説明になられました。Sクリニックさまとしても光熱費が下がることにご不満はありません

さて、今回もまたサワケンホームさんの丁寧な仕事に大満足のご様子のSクリニックさま、ガイナの効果に関しても、「夏の暑い時期でも多少涼しくなったように思います」とのことでした。

■ 東京都 Kさま:夏の旅行中に金魚が茹ってしまう暑い部屋
ガイナ DIY

マンションの最上階4階にお住まいのKさまご一家。屋上は全面テラスとなっています。このテラスはほぼ1日中陽があたり、太陽の熱を存分に溜め込んだコンクリート屋根の下、室内はとんでもない暑さになってしまわれていたそうです。ある猛暑の夏、数日間の家族旅行から帰ってきたところ、水槽の金魚が湯だってほぼ全滅していたこともあったとか。ご夫婦ともお仕事をもっていらっしゃるため、日中閉め切ってある室内は、壁も家具もすっかり熱をもってしまい、夜、帰宅してエアコンをつけてもなかなか涼しくならず、困っていらっしゃいました。

地球の気候変動が問題となっている昨今、今後も暑い夏が続くことを懸念され、ガイナの塗布をご決定になりました。
ガイナの効果は塗った直後から現れました。工事をしたのは2009年6月初めです。このころすでに朝からエアコンを使用していらしたそうですが、ガイナを塗布した翌朝から除湿運転だけで十分な室温になったとか。コンクリート屋根への蓄熱が少なくなったため、夜帰宅したときの熱のこもった感じが薄れ、かなり快適になったそうです。

今回の塗装工事はレノヴァが施工しました。詳しくは【レノヴァで施工】をぜひお読みください。

■ 東京都 株式会社 金万さま:「塗っているそばから暑さの違いがわかる!」
ガイナ 断熱材

洗練されたブティックが並ぶ青山の外苑西通り沿いにあるHEMISPHERES(エミスフェール)青山店。2009年5月、ブティックの前にある広々としたウッドデッキ部分に東屋風の屋根を取り付け、オープンエアなイベントスペースを設けました。デザインしたのは太田デザインさま(TEL:03-3386-2481)。

まだ施工中の現場でお話を伺いました。詳しくは【現場リポート】でご紹介します。ぜひお読みください。

■ 岡山県 Kさま:「ガイナを塗った部屋は空気がさわやかな気がする」
ガイナ DIY

最初、Kさまはご自宅の釉薬瓦の屋根にガイナを塗れないか、とご相談のお電話をくださいました。釉薬瓦は釉をかけて焼いた陶器のように美しい表面をした瓦です。ガイナのメーカーには釉薬瓦に塗った施工例があり、専用のプライマーもある、と言われたものの、弊社としては耐久性に問題があるかもしれないから、あまりお薦めできない、と申し上げました。しかし、さらにご自分でいろいろお調べになったうえで、再び弊社にお電話くださいました。

すっかりガイナを気に入ってくださったKさまの【現場リポート】でご紹介します。ぜひお読みください。

■ 埼玉県 小川さま:結露に悩んでいた部屋が最も結露しにくい場所になった

結露対策のために、ガイナをお塗りになった小川さまが感想をよこしてくださいました。

お世話になります。リフォーム終了しました。
おかげ様できれいに結露も心配なくなりました。いちばんひどかった玄関、玄関となりの洋室、はコンクリート下地にもガイナを塗布したので、今ではいちばん結露しにくい場所になったようです。

ガイナを下地の一部のみに塗布した和室の障子のところだけまだ少しサッシに結露が出そうな予感。室内側に塗布するほうが効果が大きいような感じがします。後は住み方ですが。ガイナを部屋全体に塗布すれば、よっぽどの原因がない限りはまず結露はなくなるであろうとの印象を受けました。ノン結露はどれほどすごいことか。

今回の結露の原因
1.キッチン換気扇がダクトとつながっていなかった。施工不良
2.よって結露により浴室換気のダクトが腐食して玄関上で穴が開いていた(アルミフレキに交換)
3.(前所有者の方が)掃除をしなかった
原因を除去の上ガイナを塗布すれば結露の発生をかなり防げると思います。

ロットによる色の発色の仕方がけっこう違いました。大手メーカーの大量生産のような均一性は無いと思います。(注:小川さまは調色したガイナをお求めになりましたが、施工の都合上、2回にわけての注文となりました。アイボリー系や黄色系は別々に調色した場合、同じ色を作ることが非常に難しく、その由事前にご説明し、ご了解を得ておりました)先に教えてもらってよかったです。
洋室だけ後の発注分で塗りました。カラフルです。

ガイナをすくうのに、柄杓を用意しておけばよかったです。風呂桶で代用したら、べたべたになりました。缶と違いガイナの開け方もやや迷いました。塗装自体はとても簡単でした。

■ 横浜市 Yさま:「電気代が半額に!」

我が家は、夏になるとエアコンのスイッチを入れっぱなしです。そのため毎年、7月や8月の電気代は4万〜5万円。そこで外壁と屋根、まるごとガナを塗布しました。するといきなり電気代が半額に! エアコンを手放せない方には、ガイナの効果は如実に現れます

■ 愛媛県松山市 平野さま:「ユースホステルでガイナが大活躍!」

ユースホステルをご経営の平野さま。ユースの屋根、および館内にもガイナを塗布。ご自身のHP、およびブログでつどつど、ガイナをとりあげてくださっています。以下にその一部をご紹介。

《建築後24年経つ施設なのだが、ユースの施設に老朽感は無い。結構、新鮮で怪しい雰囲気を持つ。この怪しいということは、結構先物情報の色々な仕掛けをしているからだ。この仕掛けは、いつも成功するとは限らない。逆に言うと、多くの失敗の上に、少ない成功事例に到達していることになる。
その一つに、断熱塗料「ガイナ」がある。館の屋根の大部分と、室内の半分くらいに塗布しているのだが、特に水周りと食堂の効果が絶大なのだ。食堂というスペースは、色々な料理や食べ物の匂いが混在している。食堂独特の匂いがある。ところが、ユースの食堂はこの匂いが全然しない。クリアーな雰囲気を保っている。鉄板焼きのメニューの後、焼肉の匂いが漂うが、三時間もすると消えてしまう。ありがたい「ガイナ」のマイナスイオン効果なのだ。いつも新鮮な気持ちで、感じているところだ。》(2007年8月22日)

《断熱塗料「ガイナ」の威力が素晴らしい。五年前に屋上に塗ったのだが、太陽からの熱電磁波、遠赤外線を90%以上反射する効果を発する。これにより、最上階の屋根からの熱がほとんど遮断されている。館内は、昔の蔵の中にいるようなヒンヤリ感がある。冷房の負荷がかなり軽減されている。特に一階は、この効果の恩恵を最大に受けている。室内に塗った「ガイナ」の効果も大きい。陰イオン発生による、癒しの効果、消臭の効果も絶大だ。良いものとであったものだ。》(2007年8月9日)

《館内の暖房が始まった。天井・床の温度分布を測定すると、1〜2度差に治まっている。大体天井温度22度、床温度20度の測定が多い。逆転している所も数ヶ所ある。昨年よりも暖房の効きがよい。暑いくらいなのだ。これから各部屋のデータも取ってみようと思っている。かなりのネルギー節約になるようだ。楽しみだ。》(2006年11月24日)

平野さまのブログはこちら
松山ユースホステルのホームページは、こちら

ページトップへ
Copyright (C) Renova Inc. All rights reserved.